神奈川県藤沢市西北部の遠藤地区。ここに総合病院の開設が切望されてから30年。
 2017年11月6日に「湘南慶育病院」が 開院しました。

 藤沢市の「健康と文化の森地区」に生まれた湘南慶育病院は、地域医療から質の高いリハビリテーション・慢性期医療に至るシームレスな医療を提供し、また、大学との連携による健康増進・抗加齢医学など最先端の研究を実践するとともに、皆さまの 「その人らしい」生き方を尊重することを理念に掲げました。
 同時に、開設準備段階から、地域に愛される病院、地域と共にある病院として、地域の一員としてまちづくりに関わることを掲げていました。

 地域と病院を結ぶまちづくりとして、「食」、「農」、「心」、「音楽」、「運動」、「遊び」という六つのテーマから健康になる方法を知ってもらうきっかけづくりとして、イベント「健育祭」を開催することが決まりました。 開設初年度は2018年5月20日にフェスティバルを開催しました。第二回は2019年11月10日に開催しました。

 健育祭は、地域の住民・まちづくり組織・市民センター、農家・飲食店等の出展者、慶應義塾大学SFC、湘南慶育病院から メンバー 構成された健育祭実行委員会が主催者となり運営しています。
 地域の皆様と一緒に楽しんで企画・運営し、地域の皆様とともに健康を広めてゆくフェスティバル、健育祭を進めてまいります。

共催者からの挨拶

渡辺光博

慶應義塾大学SFC研究所
 ヘルスサイエンス・ラボ代表
健育祭実行委員会委員長

 藤沢市から世界最先端の健康科学を探求する慶應義塾大学・湘南慶育病院から「ごきげん」になる健康情報をお届けしたい。また健康づくりや未病改善など「ごきげん」に関わる事業者・企業と共に、健康であり続ける暮らしを提案したいと思い、健育祭を発案しました。
 「ごきげん」になる情報満載の健育祭、ぜひご来場ください。

健育祭実行委員会委員長渡辺光博

鈴木 則宏

湘南慶育病院 院長
脳神経内科

 藤沢市の健康と文化の森地区、緑多き遠藤の地に慶應義塾大学SFCと湘南慶育病院があります。今回の健育祭は遠藤の皆様そしてSFCの皆様とともに地域活動、教育研究情報、健康情報などを広くWebで発信してまいりたいと思います。
 多くの皆様のご参加をお待ちしております。